旅行/その他

旅行が生み出すクリエイティブ 今年のゴールデンウィークは1000kmドライブ

今年のゴールデンウィークは、前からやってみたかった「車で遠くに旅行」をやってみた。 目標は総走行距離1000km。(これくらいなら1日で走っちゃう人もいるが、僕にはとてつもなく長い距離だ。) いくつか候補があったが、伊勢志摩サミットの志摩に行くこ…

スキー場に見る文化の違い

週末、久しぶりに泊まりでウィンタースポーツ。長野県は白馬八方尾根に行ってきた。 うちからだともっとも行きやすい長野駅経由ルートでは、長野駅-白馬間が予約の出来ない高速バスを使う必要があり 順当にいけば緊急事態宣言解除後初の週末になるので乗れる…

市原ぞうの国と過去の記憶

おそらく20年ぶりくらいに、「市原ぞうの国」を訪れた。 夏休みということもあり、駐車場の空きを探すのが難しいくらい混んでいて、 www.zounokuni.com 前回訪れたときは小学校に入ってすぐくらいということもあり、中の記憶もあまりなく、ぞうの背中に乗っ…

重慶大厦(チョンキンマンション)の思い出

2016年2月に中国に行った。 実家に帰っていた客家系の友人と広州で待ち合わせたのだが、広州や深センに直行する便は値段が高かったため、一度香港に寄ってから鉄道で広州に向かうことにした。 香港は夜に到着して、翌朝すぐに鉄道に乗るだけだったので、とに…

Google Home miniの顛末と石垣島旅行記

Google Home miniの顛末 最近好きな曲 で、Islandといえば……。 Google Home miniの顛末 以前、Google home miniを車用にした、という記事を書いた。 www.k5trismegistus.me その後続報をかいていなかったのだが、これはだめだった。 Google homeは長時間イン…

GWは黒部第4発電所を見てきた

ゴールデンウィーク前半、黒部ダムを見てきました。 黒部ダム・黒部第4発電所 黒部ダムを知らない人のためにWikipediaから引用すると、 黒部ダム(くろべダム)は、富山県東部の立山町を流れる黒部川水系の黒部川に建設された水力発電専用のダムである。195…

ロック座探訪

まえから行ってみたいと思っていた、浅草ロック座に行ってきた。(リンク先18歳未満閲覧禁止) ストリップ劇場というやつですね。 はじめて行こうと思い立ったのがちょうど一年前くらい。しかしそのときは閉館期間になっており残念ながら訪れることができなか…

4日目新幹線~5日目無錫

中国四日目は朝から高鉄(中国版新幹線)で移動。深セン北から無錫駅まで。(深セン北駅から南京駅までをつなぐ路線)なんと13時間もかかる。もうすぐ北海道新幹線が開通するが、函館から博多まで9時間くらいらしいので、函館から博多まで行って博多から新横…

1日目香港~3日目深セン

香港の空港についたのが夜の10時くらい。これからエアポートエクスプレスにのって九龍駅まで行き、さらにタクシーでホテルまで。このホテルがとんでもないところだった。ビルの入り口は中東系の人たちがたむろし、(ホテルの客引き)中にはやはり中東系の人…

深セン探訪記

世界最大の電気街、だとか秋葉原の30倍、とかいろいろ言われているけど、実際深センとはどんなところなのだろうか? まずはじめにいってしまうと、「深セン」という単語はカテゴリー的に「秋葉原」とは異なるレベルの言葉で「東京」と同じようなレベルにある…

Xiaomi Redmi 2A(小米 紅米2A)は困った子

深センで騙されて?買わされたRedmi2Aなわけだが、こいつは各種Redmi 2シリーズ※の中でももっとも中国国内に特化されたバリエーションである。つまり日本に持ってきてもデジタルフォトフレーム機能付きペーパーウェイトくらいにしかならない。まぁちゃんと確…

人民手机事情

今回の中国旅行の目的の1つに、深センでSIMフリーのスマートフォンを買ってくるというものがあった。これまで海外に行くときは台湾は台北、獅子林ビルで買ったMTO MK399(参考: 智慧型手機 MK399 )というのを使っていたんだけど、さすがに2年たってバッテリ…

人民火車事情

中国に行ってきた。同じ研究室の中国人留学生がついてくれたので、ほとんど不自由なく快適な旅行だった。まず1人で香港に行き、その後広州まで行って留学生と合流し、深セン、無錫、蘇州、上海とまわっていくというプラン。※都市間移動はすべて電車である。※…

熱海秘宝館へようこそ 4

熱海秘宝館をイラストで振り返ってみたが、実は撮影可能エリアに展示品の写真が飾ってあった。つまり展示品そのものを撮影することは許可されていないが、展示品の写真を撮影することはできる。というわけで模範解答~。 といっても、マリリン・モンローと幻…

熱海秘宝館へようこそ 3

熱海秘宝館には二人で訪れた。前半はひとつひとつじっくり見て感想を言い合ったりしていたんだけれども後半はボケーッと眺めているだけになってしまった。行けばわかるけれども、見てるだけで結構疲れるのであります。では、前回の続きから。 幻想の部屋のラ…

熱海秘宝館へようこそ 2

それでは、熱海秘宝館の思い出をイラストとともに振り返っていきたい。 熱海秘宝館の訪問者を最初に襲う大型展示は「おみくじ堂」である。 100円とられる。ただでさえ入場料高いのに… 鳥居の向こうにお堂があり、その障子戸にはうっすらと人影が映っている。…

熱海秘宝館へようこそ

日本に唯一現存する館名に「秘宝館」が入る秘宝館、熱海秘宝館へ行ってきた。ちなみに熱海秘宝館が日本唯一の秘宝館という人もいるけど、「秘宝館」というキーワードが入らない秘宝館はまだいくつか残っている。(淡路立川水仙郷の「ナゾのパラダイス」など…